スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月24日稽古報告

 後藤かおりです。久しぶりにブログを書きます。
今日は関東で54年ぶり、11月中の初雪ということで、雪の降る中を首を縮めて稽古場へ向かいました。
関東では年に何度か雪が降ると電車も止まり大事になりますが、雪国に住む皆さんはもうすでに毎日雪かきしているとか。頭が下がります。
 さて、今日の稽古は前半はメンバー主導。「家族という名のゲーム」で演出助手の山縣美礼さんによる野口体操→金魚のワーク。金魚のワークでは、「自分のおなか(丹田)に金魚がいます」という本当にいたら楽しいなと思うようなイメージから、動きが展開していきます。金魚って魚の中でも優雅に泳ぐ魚だと思うのですが(ちなみに私はヒレの大きめの黒い出目金)、それが丹田にいると思うとすっごく不思議な動きが出てきます。これが、マグロとかサバとかサメだったら全然違うだろうなと思いながら、私のおなかは泳いでいました。
あと、彼女の進め方もすごく良かったと思いました。今回も事前に担当するということはなく、その場で担当を決める流れでしたが前回のブログでKEKEくんが書いていましたように、すぐパッと出てくるということは普段から自分の中にあるものを出すようなことでもあり、その上で進め方がいいなと思えたので私も刺激になりました。
 その後、後藤によるインナートレーニング→床トレーニング→発声。床のトレーニングは、昔からよく足にアザをつけてリハーサルをしていたということから、自分の身体と床との関係を考えた時にやっていたトレーニングでした。最近思うことは、このようにメンバーで稽古を行う時に担当メンバーが固定されてきてしまっていることが気になります。私は出たがりなほうなのでよくよくやってしまいますが…ここではカンパニー内の稽古ですし、うまくいかなくてもいい場でもあると思うので、他のメンバーにも率先してやってほしいなと思いました。
 後半は、先週から行っている「声」で動くワーク。先週とはまた別のやり方で行いました。様々な意見を出し合い、繰り返しているとこれまでの稽古から、どんな声・音をだすか。パフォーマーがその声・音をどう受け取るか。そしてどうアウトプットしていくか。ということが見えてきました。この声の稽古は即興のためか結構難しく、声を出しながら、動きながら自分自身を見ているような気もします。自分を裏切るとか、従うというような。
 もう身体が痛いです。「それは身体が喜んでいるんですよ。」というキムさんの言葉を思い出します。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。