話を聞かせて。

今日は一層、寒かったですね。
今日の日誌を書きます、鈴木淳です。よろしくお願いします。

外は首が縮こまるような風でした。
アップで冷えた体を温めます。
2〜3人のチームで、もつれるように群れて、その群はカミからシモへ、シモからカミへ渡ります。
群の中ではお互いの手足身体の隙間に、お互いのそれを滑りこませ、
しかし決して接触しないまま、すれすれにすれ違いながら。

次に群は解体され、たまたま出会った数人ですれ違いを繰り返します。
或いは1人で。私は私ともすれ違う。

今日のメインワークは、会話でした。

椅子に座って日常会話。二人で。三人で。立ち話で。
テーマはすれ違いです。
話し手が綴るタイの旅行記も、ボーリングに行った懇親会も、日常たわいもない話も、聞き手は興味を持って聞くのですが、相槌や返答が、そして身体が一致しないのです。
考えてみると、普段でもこんなことは起こり得ます。しかしステージで行われると不条理です。そして不条理が積み重なると、何か一層深まった空気が現れる気がします。
すれ違い、噛み合わない会話。会話に噛み合わない、ズレた身体が置かれる。それでも会話は続きます。
稽古で試し繰り返された会話の末、手応えがありました。日常から非日常までは、歩いていけるところにあるかのようです。

今日はこの辺りで。ではまた。
スポンサーサイト

ドナドナドナドナ

こんにちは。
熊谷理沙です。
12月12日、師走の稽古あれこれを綴ります。

この日、まずはだらけた身体を軽く弾ませました。
細胞ひとつひとつが冬眠に入ろうとするこの季節にあちらへこちらへと飛び回るのです。
はたから見たら酔っぱらいが超激しく酔っぱらっているみたいな風貌ですが、ある意味それにすごく近い身体になっているかもしれません。
そこに自分の意思はありません。脳を介さずにただただ身体が正直に思うがままに動いていく。
アンドレ・ブルトンの自動筆記ってきっとこんな感じだと思っているのですが、どうでしょう。

さて、その身体に意思を置きます。
左右の肩と腰を点と点でつなぎ四角い面でつなぎ動くのです。
これがなかなか、自分の身体というものは言うことを聞かないもので、水平に垂直に面を動かすというのはなかなか難しいものです。
その点を少し揺らしてみたり、捻ってみたり、引き剥がしてみたりくっつけてみたり、ひっくり返してみたり。
自分の意思なのか、身体が勝手にそうなるのか、まさに酔いそうな感覚のなか動いていくことで生まれる動きもあるのです。自分の身体なのになんだこれ。

声も身体の一部ですが、声にも自分が知らないような材質、素材のものだってごろごろあります。
いや、本当は知らないことないのですが、気づいていないだけですね。
ひとつの身体で色んな絵が描けるように、声でだって色んな絵が描けるのです。
この日は横一直線で並びで各々の声を出していくということをやりましたが、声が重なりあい、響きあい、色んな作用をすることでそこにはない風景が生まれたりもしました。
ジャングルや工場、たまたま電車で隣り合った人、恋人同士の部屋。

声といえば、この日はメンバーの八木光太郎が一部ワークをしてくれました。
なんの変哲もない文章を読み上げるところから始まりそこから八木くんの着色が加わっていくのですが、声の質感が変わると見ている方に伝わってくるものまでまったく違いますね。

ぜひ、以下を声に出して、色んな声の質感で言ってみてください。

ドナドナドナドナ

では。

呆けの歩き

こんにちは。八木光太郎です。
稽古場ブログ書きます。

11月31日の稽古は身体を使ったワークが中心となりました。フロアワークだったり、僕個人としては久しぶりの即興の時間もありました。個人的に最も印象に残っているワークは『呆けの歩き』です。心ここにあらずといった心持ちで前進する。文章にすると簡単そうに思えるかもしれませんが、これが中々難しいのです。取り組んでいる他のメンバーの身体が面白いのはもちろんなのですが、一番目がいってしまうのは顔でした。呆けた顔が横一列に並んでいる様は壮観で、重厚な力をはらんでいました。これだけでもずっと観ていられると思いました。その人の人生が透けて見えると言いますか。どれだけ経験豊富で訓練を積んでいようと、最終的にものをいうのはその人自身の人間的魅力だとよく聞くので、これからも稽古もそうですが、人生経験を豊富に積んでいきたいです。

八木光太郎

11月24日稽古報告

 後藤かおりです。久しぶりにブログを書きます。
今日は関東で54年ぶり、11月中の初雪ということで、雪の降る中を首を縮めて稽古場へ向かいました。
関東では年に何度か雪が降ると電車も止まり大事になりますが、雪国に住む皆さんはもうすでに毎日雪かきしているとか。頭が下がります。
 さて、今日の稽古は前半はメンバー主導。「家族という名のゲーム」で演出助手の山縣美礼さんによる野口体操→金魚のワーク。金魚のワークでは、「自分のおなか(丹田)に金魚がいます」という本当にいたら楽しいなと思うようなイメージから、動きが展開していきます。金魚って魚の中でも優雅に泳ぐ魚だと思うのですが(ちなみに私はヒレの大きめの黒い出目金)、それが丹田にいると思うとすっごく不思議な動きが出てきます。これが、マグロとかサバとかサメだったら全然違うだろうなと思いながら、私のおなかは泳いでいました。
あと、彼女の進め方もすごく良かったと思いました。今回も事前に担当するということはなく、その場で担当を決める流れでしたが前回のブログでKEKEくんが書いていましたように、すぐパッと出てくるということは普段から自分の中にあるものを出すようなことでもあり、その上で進め方がいいなと思えたので私も刺激になりました。
 その後、後藤によるインナートレーニング→床トレーニング→発声。床のトレーニングは、昔からよく足にアザをつけてリハーサルをしていたということから、自分の身体と床との関係を考えた時にやっていたトレーニングでした。最近思うことは、このようにメンバーで稽古を行う時に担当メンバーが固定されてきてしまっていることが気になります。私は出たがりなほうなのでよくよくやってしまいますが…ここではカンパニー内の稽古ですし、うまくいかなくてもいい場でもあると思うので、他のメンバーにも率先してやってほしいなと思いました。
 後半は、先週から行っている「声」で動くワーク。先週とはまた別のやり方で行いました。様々な意見を出し合い、繰り返しているとこれまでの稽古から、どんな声・音をだすか。パフォーマーがその声・音をどう受け取るか。そしてどうアウトプットしていくか。ということが見えてきました。この声の稽古は即興のためか結構難しく、声を出しながら、動きながら自分自身を見ているような気もします。自分を裏切るとか、従うというような。
 もう身体が痛いです。「それは身体が喜んでいるんですよ。」というキムさんの言葉を思い出します。

2016年 11月16日 稽古場レポート

初めての投稿となります、GEROメンバーのKEKEです。
本日の稽古場レポートを担当します。

今日はアップから稽古の後半までメンバーがそれぞれ担当して進めていきました。
これは、事前に話があったわけではなくその場でキムさんから提案があって、この日はその形で進めることになりました。
こういう急な時こそ、普段の稽古を自分のモノとしてちゃんと内側に取り込めているか、ということが問われて来ますね。


というわけで、最初のアップ、ストレッチは後藤かおりさんが、その後の脱力ジャンプは熊谷が担当しました。(挙手制)
メニューとしてはいつものGEROと同じでしたが、担当者が変わることでそれぞれがどのように消化してワークをやっているかが垣間見えたようなような気がします。

休憩を挟んで、発声はKEKEが担当しました。
一通りの基礎発声を終えて、最後に僕がやっている「ミイム」のアップの一部である「百面相」というワークをやりました。
これは骨盤を前後左右に動かしながら、同時に顔の表情も動かして、それによって声がどのように変化していくかを探る稽古です。
キムさんから、この百面相をもう少し続けてみては、と提案がありまして、KEKEディレクションでもう少し続けてみたのですが。

かなりおかしな体勢と声が各自飛び出して、そこは面白かったのですが、単純に前に出てやって、意見をもらうという形にして良かったかなあと今では思います。「様々な体勢で、きれいなだけではなくても魅力的な声を探る機会にしてほしい」のがこのワークの肝だと伝えたのですが、、
が、僕がこの百面相に関して「面白い!」と感じていた部分は本当にそこだったのか・・・
もっと本質的な面白さを膨らませても良かったのではとも思いました。次への課題です。

最後はキムさんがマイクで様々な声を出して、ダンサーがそれに反応して体を動かす、というシーンを色々と形を変えながら試しました。
キムさんの立ち位置や、声とどういう付き合い方をするのか、これはキムさん自身も試したい部分であったので、さまざまな意見が出ました。
言葉にならない音楽的な音と、明瞭な形で聞き取れる言葉に近い部分で、やはり反応する身体が違うことが面白かったです。
関係性で言うと、「声を出すキム」という支配者と「動かされるダンサー」という構図がうまくずれて流れていくことに面白さを感じました。
声を出してみんなを変化させている存在が、逆に声を出すことで脅かされている瞬間など、見ていて可能性を感じる瞬間でもありました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。